代理旅行はコロナ時代のマイクロツーリズムです

マイクロトラベル

マイクロツーリズムとは

マイクロツーリズムとは、新型コロナウイルス感染症の流行で訪日外国人旅行者によるインバウンド消費が断たれた国内の観光産業を回復させる手段として、日本人による国内旅行への回帰を喚起するものとして、近場の魅力を再認識するべきと、星野リゾート代表の星野佳路が提唱した。 コロナの流行は国内旅行ですら長距離・長時間の移動に不安を感じたり、既存の人気の観光地における3密を忌避する指向もあることから、気軽に行ける近場を見直すことが「アフターコロナ」「ウィズコロナ」時代の旅行形態になると示唆される。 一方で、マイクロツーリズムが提唱される以前から、安・近・短を主眼にした「ミニマムツーリズム」や「スモールツーリズム」あるいは「ショートトリップ」といった呼称で実施してきた観光地(自治体や(観光地域づくり法人)による)もある。

引用元:ウィキペディア「マイクロツーリズム」

要するに新型コロナ時代は「地元を旅行しましょう」という提案です。

代理旅行のしくみ

代理旅行では日本全国にトラベラーを配置する予定です。 そしてお客様(依頼者)は好きなトラベラーに旅行動画の撮影を依頼できます。 そうしたときに複数のトラベラーが提出する、見積書と提案書を比較検討し、好きなトラベラーに依頼ができます。 依頼するなら交通費が安いトラベラーが良いですよね? そうなると旅行地が地元のトラベラーが有利になります。

代理旅行はマイクとツーリズム

京都旅行 先ほど説明したとおり、代理旅行では旅行地が地元のトラベラーが旅行動画を作成するのが現実的です。 要するにマイクロツーリズムです。 ※もちろんお客様は遠方のトラベラーに依頼することもできます。 依頼者であるお客様の感染防止となるだけでなく、代理旅行をするトラベラーも感染防止につながり新型コロナウィルス時代の旅行のカタチといえるのではないでしょうか。

地元の良さを第三者に伝える

いわゆるマイクロツーリズムは旅行者自身の体験で終わりますが 代理旅行では地元のトラベラーが動画作成をすることで、地元の良さをお客様の伝えることができます。 また、そのためには予め地元の良さを知っておく必要があります。 これこそが地元活性化につながると考えています。